コラム

大好きなハリーポッターについて話したい

2020年3月4日

 

今日は大好きなハリーポッターについて語らせてください。

ちなみにこてつは純血主義ではないけど、スリザリンが好きです。

もし自分がホグワーツに入学することになったら、という前提でブログを書いていきます。

これって厨二・・・?と思ったけど好きなことについて書きたいから書いちゃう!

 

自分が魔法使いでホグワーツに入学することになったらどの寮にする?

多分グリフィンドールハッフルパフ

ちなみにポッターモアではグリフィンドールに組分けされました。

 

スリザリンに入れない理由

組分けでは狡猾さや臨機応変の能力、野心を持つものが選ばれるんだけど狡猾さ以外は持ち合わせてると思う。
ただね、スリザリンは好きだけどね、自分が魔法界にいたら絶対マグル出身だと思うし性格的に純血主義にはなれないし実際周りにマルフォイみたいなやついたら100%仲良くしたくない。
諸々の理由でスリザリンは戦力外通告。
でもローブの色はスリザリンがいい・・・

 

 

レイブンクローでもない理由

まずレイブンクローの組分けで重視されるのが知識と知恵と勤勉さ。
どれも持ち合わせていないので絶対選ばれない。以上。

 

 

グリフィンドールならやっていけそう

組分けで重視されるのは勇気、騎士道的精神、決断力。
決断力と騎士道的精神を持ってるかと聞かれたら自信ない。
そもそも騎士道的精神って何。

まあ正義感は強い方だしグリフィンドールいい奴多いし安心安定な寮だよね。

 

 

ハッフルパフが一番あってる説

組分けで重視されるのは勤勉、献身、忠誠、フェアプレイの精神。
こてつかなりの平和主義だし競争とか嫌いだし人間皆平等だと思ってる。
他の寮に比べて飛び抜けて優秀な魔法使いがいないとか劣等生が多いとか言われてるけど、三代魔法学校対抗戦ではセドリックが選ばれたしニュート・スキャマンダーもハッフルパフ出身だし普段は目立たないってだけで優秀な魔法使いはいるから!!!!
しかも4つの寮の中でハッフルパフ出身の闇の魔法使いが1番少ないからね。

 

 

 

結論:陰キャラ引きこもりのこてつにはハッフルパフが最適な寮と言える。

ただ黄色目立つしあんま好きな色じゃないからローブの色だけ不満。

 

 

得意な科目は魔法生物飼育学

1番得意な科目は魔法生物飼育学に間違いなし。

 

実際売られている<ハリーポッター魔法生物大図鑑>買ったくらい魔法界の生物興味ある。


これ本当面白かったし魔法生物のスケッチとか見れて興奮した。

 

 

あとは古代ルーン文字学、マグル学、変身術、ホウキ飛行訓練、闇の魔術に対する防衛術この辺りはきっと得意科目になると思うの。

 

逆に薬草学、魔法史、数占い、天文学、魔法薬学苦手科目や。

 

スネイプ先生とは意外と仲良く出来そうだけど成績悪すぎて「ハッフルパフ、マイナス10億点。明日までに狼男についてまとめたレポートを出すように」とか言われそう。

 

仲良くしたいのはルーナと出来たら双子

ルーナは人とつるむタイプには見えないけど性格良いしドビーにも優しいしとても良い子だよね。
きっと波長が合う気がする。

双子はスクールカーストの中でも頂点に君臨してるタイプだから、私みたいな陰キャラには目もくれないだろうけど、忍びの地図だけはぜひお借りしたい。

 

『我、良からぬことを企む者なり』

『いたずら完了』

 

これ、地図叩きながら一度言ってみたいよね。

全世界のハリポタファンが思ってることだよね。

 

 

仲良く出来ないフォイ!

スリザリンのヒエラルキーの頂点にいるドラコぼっちゃまとマグルの私じゃ、挨拶すらしないで学校生活終わりそう。

その前にマグルって認識されたら「汚れた血め!僕に近寄るな!」とか暴言吐かれるんだろうな。

そした鼻血ぬるぬるヌガーお見舞いしてやるんだ。

よくよく考えたらマルフォイってほんと性格悪いな。

 

だってさ

 

・純潔か混血かで人の良し悪しを決める
・人のことバカにするけど叫びの屋敷に引きづりこまれたら半泣きになる
・自分はお金持ちだと自慢する
・何かあるとすぐ父上が黙ってないぞ!って言うファザコン
・ハリーが代表選手に選ばれたとき下品なバッチを嬉しそうにつけていた
・マッドアイに化けたクラウチjrに皆の前で白イタチにされる
・ハリーに謎呪文<セクタムセンプラ>の実験台にされる

 

でもマルフォイは好きなキャラBEST3に入るよ

 

なんだかんだマルフォイ好きな人多いし、現実世界ではハリー役のダニエルと仲良しだしね。

 

 

まだまだ話したいけど、長くなってきたので続きはまた今度。

 

みんなはどの寮に入りたいですか?

 

 

To be continue

-コラム

© 2020 こてつの自由帳 Powered by AFFINGER5