コラム

【悲報】コロナで有給休暇を強制的にとらされ、有給ストック0日になる

 

amazonで買い物することが一番のストレス解消法になっています、こてつです。

普段は温厚な忠犬社員のこてつさんですが、さすがにムカつきました。

給付金も遅いし、アベノマスクも届かないし、届いても稀に汚れているらしい。

今回は日本政府の対応のみならず、自分が勤める会社に対して
不信感が増したので記事にしておきます。

 

 

 

4月の給料

4月半ばから自宅待機命令がでていたので、会社都合の欠勤です。

 

・平均賃金の60%の支払い(最低保証)

・ボーナスの前払いで40%

・合わせて100%(満額)

という掲示がでていました。

 

売り上げが減ればボーナスが出ないのは確かだし、手取りがガツンと減る訳ではないので
この条件だから納得し、安心して長期の自宅待機となりました。

 

欠勤登録できない

数年前まで手書き日報だってくせに、今は不具合が多い電子日報を採用してます。

4月末に電子日報で【欠勤】を確定させようとしたらなんか知らないけど、システムに弾き返されます。

 

【有給休暇を選択してください】

 

とでてきます。

システムがおかしいと思って、会社へメールしました。

 

欠勤登録できなくて困ってましゅ

 

そして返ってきたメールの内容がこちら

・有給休暇の適応を行う。

・繰越分、付与分の有給を全て使用する。

・有給休暇を使い切ったら欠勤を利用。

 

 

……

 

全部欠勤で処理してほしい旨は伝えたけど、有給休暇を選択しろと言われました。

 

これっておかしいですよね。

欠勤したいのに欠勤できないんです。

 

言っている意味がわかりません」と返信したいところをグッと我慢して
モヤモヤした気持ちのまま数日の間、悩んでいました。

なんか嘘つかれた感じで、不信感しかないです。

ふざけてます。

「有給休暇で登録完了しないと事務処理できない」と催促メールがきたので
スクショと動画で真実を録画しながら
泣く泣く有給休暇で登録したのでした。

 

これにて有給残日数0日です。

 

 

 

考えるほど怒りがこみあげる

こてつさんの働いている会社、かなりのブラック企業だから

・働きすぎて有給を消滅させる人

・休むことを罪と思っている人

こういう頭のおかしな人がいっぱいいます。

 

多分、こういう人が多いから有給をすべて使用する、とかいう極端なクソ政策になるんだと思います。

 

こてつさんは父親を亡くしてから、有給休暇を使って家族と過ごす時間を増やしています。

ちゃんと計算して、使い切るようにしていました。

なのに残りの有給が消滅ですよ、消滅。

失望です。

 

有給休暇を強制した場合は違法

そもそも有給休暇とはいつでも、希望する日数を、どのように使ってもいいはずです。

それが、もうありません。

今後、なにかしらの特別休暇で完全に補填してもらわないと、マジで納得いきません。

強要された証拠のスクショと動画は発動させたくはありません。

そもそも、これじゃ問題が起こりますよって助言する役員はいなかったんですかね。

会社も政府も、なんだか似てます。

どっちも、支持率急落です。

 

コロナ自粛を有給で乗り切るデメリット

収束後に、本来取得できた有給休暇がなくなる。

先が見通せない状況だからこそ、繰越で消滅する有給は消滅する日から逆算して使うべきです。

 

今後どうするか真剣に考える

家に引き籠るようになって、約1ヶ月半経ちました。

 

そもそも人間関係でストレスMAXのなか仕事をしていたので今回の引きこもり生活は

退職したらこんな感じの生活が待っている

っていうのを擬似的に体験できているので、すごく良いと思っています。

 

溜め込んでいたストレスも確実に解消されています。

心が晴れると、朝早起きするのも苦じゃないですね。

 

経営者は辛い!仕事がしたい!と、連日ニュースで取り上げられているけど
仕事なんてしたくない!って人だっています。

世の中の社畜さん達の中にはコロナ自粛のおかげで心が助けられたって人も
実は多いと思っています。

報道されるわけないけど。

 

今後は、お金の稼ぎ方もリスクヘッジしないとまずいということが浮き彫りになった気がします。

とはいえ、個人の力でお金を稼ぐのはとても大変です。

ちなみに、このブログからの収入はほぼありません。

ブログでご飯食べるのって、難しいんですよ。

 

時期が来たら会社を辞めます

そう遠くない未来に。

 

2020年の目標は会社辞めること

  こんにちは、こてつです。 今年の目標は会社を辞めることです。   クレジットカード作ったり、MacBookPro買ったり、ローン組んだり、引きこもる準備に奔走してます。

続きを見る

30歳までに1000万貯めた話【ポイントは7つ】

  こんにちは、こてつです。 エンタメ業界で働く、ごく一般的なサラリーマンです。 30歳になった時、貯金が1000万を超えていました。 決して高給取りでないボクが“なぜ1000万円貯金できた ...

続きを見る

 

-コラム

© 2020 こてつの自由帳 Powered by AFFINGER5